top of page

脳疲労にアクセスバーズ





現代最近、記事で「脳疲労」という言葉があることを知りました。


IT情報社会の現代ならではの造語だなと。


看板、広告、インターネット、SNS、ネットゲーム、パソコン業務など、日常生活で目や耳からの情報が溢れ、情報過多&電磁波の現代、脳も疲労しますよね。



脳が疲れているとこんな症状があるらしい。

・身体の疲れがとれない

・物事に飽きやすい

・ネガティブ思考から抜け出せない

・怒りを制御できない

・物忘れやうっかりミスが多い

・文章や会話を理解しづらいときがある

・やる気が起きない


下記サイトより引用

「脳が疲れている人」7つの症状。当てはまったら要注意 - STUDY HACKER(スタディーハッカー)|社会人の勉強法&英語学習

https://studyhacker.net/brain-tired-7symptoms



当てはまる方も多いのではないでしょうか?

私もあるあるです!(笑)


そんな脳疲労におすすめなのが、「アクセスバーズ」です!

私もセルフでやったり、友達にやってもらったりしています。

頭が軽くなり、スッキリします!

その他にも、ウォーキングなどの運動や深呼吸、瞑想、バランスの良い食事、良質な睡眠などもいいですね!




アクセス・バーズは頭部にある32か所のポイントをセットにしたもので、軽く触れられるとで脳にポジティブな変化を刺激し、ストレス、思考そして感情の電磁的構成要素を最適化するものです。




詳しい内容は下記をご覧ください。

アクセスコンシャスネス | Cocorone (cocorone-clearing.com)

アクセスバーズとは? (cocorone-clearing.com)



情報も電磁波も電気で、体に溜まるとnou疲労やメンタル不調、体の不調につながってきます。

そうなる前に、不要な電気は体から抜く、放電させることが大切です。


アーシングなど素足で砂浜や土に触れる、自然の中で寝転ぶなどもいいですが、アクセスバーズセッションは、ベットに横になり、頭にある32か所のポイントとバーに触れるだけで放電していきます。




今回、アクセスバーズを体験してみたい!時間がないので短時間で受けたい!という声をいただき、30分のショートバージョンセッションをメニューに追加しました。

ぜひ、お試しください!




通常のアクセスバーズセッションはこちら。










閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page